日テレNEWS
政治
2014年6月18日 16:52

集団的自衛権、いつ閣議決定? 調整本格化

集団的自衛権、いつ閣議決定? 調整本格化
(c)NNN

 集団的自衛権の行使を容認する閣議決定が、安倍首相の目指す今の国会中には難しくなる中で、いつ閣議決定をするか、自民、公明両党の調整が本格化している。

 閣議決定の時期をめぐり、自民、公明両党の幹事長らが18日朝に会談したが、結論は得られなかった。

 自民党の石破幹事長は今月22日までの今の国会の会期中に与党間で合意し、閣議決定を行いたい考えを伝えた。これに対し、公明党の井上幹事長は「党内手続きの状況を見定めて日程は協議したい」と述べ、会期内の合意は難しいとの考えを示した。

 「難しい状況であるということは承りました」-石破氏はこのように述べ、公明党の状況に理解を示した。

 公明党は閣議決定文の概要についてようやく検討を始めたばかりで、閣議決定が来週以降となるのは避けられない情勢。

 政府や自民党は期限なく先送りすることは避けたいので、可能ならば来週にも閣議決定したいと考えている。しかし、公明党は党内の意見集約に時間がかかるだけでなく、政府・自民党側に閣議決定文の修正を求める見通しで、来週中に合意、閣議決定へともっていくことは確約できないとしている。

 政府・自民党としては、公明党との協議を加速させ、安倍首相がオーストラリアなどを訪問する来月上旬までに閣議決定したい考え。首相周辺も「最悪、この第1週までに閣議決定したい」と話していて、調整が行われている。