日テレNEWS
政治
2014年7月1日 17:30

「集団的自衛権の行使容認」閣議決定

「集団的自衛権の行使容認」閣議決定
(c)NNN

 政府は1日午後に臨時閣議を開き、憲法解釈を変更し、集団的自衛権の行使を限定的に容認する閣議決定をした。

 「我が国を取り巻く安全保障環境の変化に対応し国民の命と平和な暮らしを守る」ため、行使を容認するよう憲法解釈を変更したもの。これにより、日本の安全保障政策は大きく転換することになる。

 安倍首相は1日午後6時から会見を開き、行使容認の必要性などを自ら説明することにしている。