日テレNEWS
政治
2014年7月1日 19:03

首相が会見“集団的自衛権”を国民に説明

首相が会見“集団的自衛権”を国民に説明
(c)NNN

 集団的自衛権の行使を限定的に容認する閣議決定を受け、安倍首相が1日午後、記者会見を行った。安倍首相は「日本が戦争に巻き込まれるおそれは一層なくなっていく」などと閣議決定の意義を強調した。

 安倍首相「人々の幸せを願って作られた日本国憲法が、こうしたときに国民の命を守る責任を放棄せよと言っているとは思えません。この思いを与党の皆さんと共有し、決定いたしました。今回の閣議決定によって、日本が戦争に巻き込まれるおそれは一層なくなっていく、そう考えています。日本が再び戦争する国になるということは断じてありえない」

 安倍首相は「仮に武力行使する場合も、他に手段がない場合に限られ、必要最小限度でなければならない。現行の憲法解釈の基本的考えは、今回の閣議決定でも何ら変わることはない」と説明した。

 また、今後の法整備に向けてチームを立ち上げると述べた。

 安倍首相「関連法案の作成チームを立ち上げ、国民の命と平和な暮らしを守るため、ただちに作業を開始したいと考えている」

 安倍首相はさらに「十分な検討を行い、準備ができ次第、国会に法案を提出し、ご審議いただきたいと考えている」と述べ、必要な法改正に向け、ただちに準備にとりかかる考えを示した。