日テレNEWS
政治
2014年7月9日 1:28

日豪首脳会談 経済連携協定に署名

日豪首脳会談 経済連携協定に署名
(c)NNN

 オーストラリアを訪問中の安倍首相は8日、アボット首相と会談し、EPA(=経済連携協定)などに署名した。会談後、安倍首相は、両国が「新たな特別な関係に至った」と成果を強調した。

 EPAや、防衛装備品の共同開発に向けた協定に署名した安倍首相は両国の経済や安全保障など幅広い分野での協力を発展させる「新たな特別な関係に至った」と強調した。

 アボット首相との会談は今回が4回目で、今後、首脳会談を定例化し、毎年お互いの国を訪問することも確認するなど親密ぶりをアピールした。

 一方で、東シナ海などで強引な海洋進出を続ける中国については、次のように述べた。

 安倍首相「中国が国際的な規範を共有、順守しながら、地域の課題に建設的かつ協調的な役割を果たしていくことを強く期待する」

 周辺に対し「中国に何かを譲る必要はない。首脳会談は条件をつけずに行いたい」と話す安倍首相。11月のAPECで日中首脳会談が実現するのか、安倍首相には結果を出すための戦略が求められる。