日テレNEWS
政治
2015年2月18日 12:09

“残業代ゼロ”厳格に要件定める~首相

“残業代ゼロ”厳格に要件定める~首相
(c)NNN

 参議院本会議では、18日も安倍首相の施政方針演説に対する代表質問が行われている。

 公明党の山口代表は、労働時間と連動させずに成果で年収を決める、いわゆる「残業代ゼロ」制度の導入に当たっては、制度設計を慎重に行うよう求めた。

 山口代表「サービス残業の合法化や長時間労働の常態化を招かないよう、慎重な制度設計が必要です」

 安倍首相「公明党の指摘も踏まえ、健康の確保に十分留意することとしている。具体的には、対象業務や年収について法律により厳格な要件を定めるとともに、働く人たちが健康を保ちつつ創造性を存分に発揮できる環境をつくっていく」

 山口氏はまた、戦後70年の今年、中国、韓国との関係改善を進めるべきで、日中韓3か国の枠組みを活用すべきと指摘した。これに対し安倍首相は、日中、日韓関係を発展、改善させる姿勢を示し、「3か国の枠組みを活用し幅広い分野で協力関係を強化していく」と述べた。