日テレNEWS
政治
2015年11月11日 0:02

復興相は通夜も葬儀も来てない~遺族の一人

復興相は通夜も葬儀も来てない~遺族の一人
(c)NNN

 高木復興相をめぐる政治資金の問題で、高木復興相がこれまで行ってきた説明が事実とは異なる可能性が出てきた。民主党は厳しく追及している。

 高木復興相は自らの選挙区内での葬儀に香典を出し、公職選挙法に違反するのではと指摘されている。高木復興相は私費から香典を出し、葬儀の日までに持参したので違反はしていないと説明しているが、民主党の柚木議員は自らの調査で、少なくとも3件について、葬儀までに持参していなかったと追及した。

 民主党・柚木道義議員「最低8件中3件は確認していますが、違法あるいは虚偽の発言ということになる」

 高木復興相「いずれも私がそれぞれ亡くなられた方へ、葬儀の日までに弔問に行き、私個人の私費で出したものであることに間違いありません」

 こうした中、遺族の一人が日本テレビの取材に応じた。

 遺族の一人「確認を取ったらやっぱり(高木復興相は)通夜も葬儀も来てない。(葬儀の時に)高木毅さんの身内の人か、代理の人か分からないけどみえて、香典を置いていかれた」

 民主党はウソの証言をしたら罰せられる証人喚問の開催を求めている。