日テレNEWS
政治
2016年3月8日 21:31

民主・維新 新党の綱領原案取りまとめ

民主・維新 新党の綱領原案取りまとめ
(c)NNN

 民主・維新両党は今月末の合流を前に8日、新たな党の基本方針を示す「綱領」の原案を取りまとめた。両党のバランスに配慮し、双方が掲げてきた政策が盛り込まれたものとなっている。

 原案では民主党が訴えてきた「共生社会」の実現を掲げ、「弱い立場に置かれた人々とともに歩む」とする一方、維新の党が主張してきた「税金の無駄を排する」ことが盛り込まれた。こうした点を自民党との対立軸と位置づけた上で「国民に新しい選択肢を示す」として、政権交代を目指すことを掲げた。

 また、「立憲主義を断固として守る」と強調していて、憲法改正ではなく、憲法解釈の変更により集団的自衛権の限定的行使を容認した、安倍政権との違いを鮮明にした形。

 一方、憲法改正については「未来志向の憲法を構想する」との表現にとどまった。

 両党は今後、党内で了承を得た上で新たな綱領を正式決定したい考え。