日テレNEWS
政治
2016年5月1日 0:59

中国要人と相次ぎ会談「改善へ双方が努力」

中国要人と相次ぎ会談「改善へ双方が努力」
(c)NNN

 岸田外相は先月30日、訪問先の中国で李克強首相や王毅外相らと相次いで会談し、日中関係の更なる改善に向け、双方が努力することで一致した。

 王毅外相との会談で岸田外相は、中国が南シナ海で軍事拠点化を進めていることに懸念を伝えたのに対し、王毅外相は従来の立場を繰り返すと共に「日本は対抗意識を捨てるべきだ」「中国脅威論に追随しないでほしい」などと強くけん制した。

 一方、日中関係の重要性を確認し、更なる関係改善に向け日中双方で努力することでは一致した。

 また、中国の外交責任者である楊潔チ国務委員との会談でも、日中首脳会談の早期実現を目指していくことを確認した。

 岸田外相「日中間でしっかりと意思疎通を進めハイレベルの交流を組み立てていくことで一致した。日中間の歯車を回す端緒になったと思っている」

 さらに李克強首相との会談では、世界経済の安定と発展に向け、経済面での協力を強化することで一致した。

 来年は日中国交正常化45周年を迎えるが、南シナ海問題など数々の懸案が平行線のままだった。解決に向け双方の更なる努力が求められる。

 ★楊潔チの「チ」は竹かんむりの下にがんだれと「虎」