日テレNEWS
政治
2017年6月5日 22:09

北めぐる非公式協議 スウェーデンで開催

 朝鮮半島情勢などをめぐる外交・安全保障の専門家らによる非公式協議が、スウェーデンで開かれた。米朝対話や北朝鮮と韓国の南北会談につながるのか注目される。

 会合はスウェーデンのストックホルムで、先月31日から数日間開かれ、アメリカ、韓国、中国、日本、さらには北朝鮮の政府関係者や専門家が参加した。北朝鮮がミサイル発射を繰り返す中、米朝の外交関係者が同席したことで、今後、対話に向けた環境が醸成されるかどうか、注目されている。

 また、北朝鮮に融和的な姿勢をとる文在寅政権が誕生後、韓国政府内には南北対話に向けた期待感があり、今回の協議を通じても南北双方の意思を探ったものとみられる。

 協議に出席した日本の専門家は、南北対話は、核・ミサイル問題とは切り離して行うべきだとして、南北対話を行う場合の条件を出したという。