日テレNEWS
政治
2017年9月4日 19:00

“島根に落ちても意味ない”竹下氏撤回せず

“島根に落ちても意味ない”竹下氏撤回せず
(c)NNN

 島根県選出の自民党の竹下総務会長は、北朝鮮の弾道ミサイルについて「島根に落ちても何の意味もない」との自らの発言について4日、撤回しない考えを示した。

 竹下氏は北朝鮮が発表したグアムに向けて日本上空を通過する弾道ミサイルの発射計画をめぐり、3日に次のように述べた。

 竹下氏「広島はまだ人口がいるが島根に(弾道ミサイルが)落ちても何の意味もねえなと」

 この発言について竹下氏は4日、「どこが不適切なのか」として撤回しない考えを示した。

 竹下氏「どこが不適切ですか。教えていただければ(撤回も)考えさせていただきますが」

 竹下氏は、「戦略的に考えた場合、島根を狙ってくることはないだろうという思いを話した」と説明しているが、民進党の山井国対委員長は、「不安に思っている島根県民に対して極めて失礼な発言だ」と強く批判している。