日テレNEWS
政治
2017年9月15日 9:50

襟裳岬の東2200キロに落下か ミサイル

襟裳岬の東2200キロに落下か ミサイル
(c)NNN

 北朝鮮が15日午前7時前、弾道ミサイル1発を発射した。ミサイルは北海道上空を通過し、太平洋上に落下したもよう。

 日本政府によると、午前6時57分頃、北朝鮮の西岸から東北東に向けて弾道ミサイル1発が発射された。ミサイルは北海道の上空を通過し、7時16分頃、襟裳岬の東約2200キロに落下したとみられる。

 菅官房長官は会見で「飛翔距離はおよそ3700キロ、最高高度はおよそ800キロと推定している」と述べた。

 また、自衛隊の迎撃ミサイルによる破壊措置の実施はなかった。現時点で航空機や船舶への被害は確認されていないという。