日テレNEWS
政治
2017年11月1日 15:52

衆参両院で第98代首相に安倍晋三氏を指名

衆参両院で第98代首相に安倍晋三氏を指名
(c)NNN

 特別国会が1日に召集され、衆参両院の本会議で安倍首相が第98代内閣総理大臣に指名された。

 安倍首相は312票と衆議院の3分の2を超える票を獲得し深々と頭を下げた。

 衆議院本会議で行われた首相指名選挙では自民・公明の与党が安倍首相に投票し312票を獲得した。一方、立憲民主党の枝野代表が自由党と社民党の票も集めて60票、希望の党の渡辺周議員が51票、民進党の大塚代表が16票などとなった。

 首相指名選挙に先だって、安倍首相は次のように意気込みを述べた。

 安倍首相「重い責任と歴史的な使命をしっかりと胸に刻んで」「結果を出していこうではありませんか」

 安倍首相は参議院本会議でも首相に指名された後、直ちに組閣作業に入り閣僚全員を再任して1日夜、第4次安倍内閣を発足させる。

 本会議に先立って自民・公明の与党は特別国会の会期を来月9日までの39日間とすることを提案し、野党側はこれを受け入れた。そのため安倍首相の所信表明演説や各党の代表質問、予算委員会などが開かれる見通し。

 国会審議で安倍首相が自らの言う「真摯(しんし)で丁寧な説明」ができるかが焦点となる。