日テレNEWS
政治
2018年3月27日 14:01

立民・福山氏の追及も 佐川氏は証言拒否

立民・福山氏の追及も 佐川氏は証言拒否
(c)NNN

森友学園に関わる決裁文書の改ざん問題を巡り、27日午前、参議院で佐川・前財務省理財局長の証人喚問が行われた。佐川氏は焦点の誰が何ために改ざんを指示したのかについては証言を拒否した。国会から中継。

立憲民主党の福山幹事長は改ざんへの関与を繰り返しただしたが、佐川氏は刑事訴追の恐れを理由に証言しなかった。

立憲民主党・福山幹事長「法令にのっとって契約したんですよね。じゃあ何で文書を改ざんする必要があったんですか」

佐川氏「書き換えが行われた決裁文書の経緯等につきましては私、告発をされている立場でございますので、御答弁は控えさせていただきたいと思います」

福山幹事長「改ざんの経緯については刑事訴追の恐れがあると言って今もまったく答えないのに、何で総理官邸の関与や大臣の関与だけは明確に否定されるんですか」

佐川氏「昨年の中で私は理財局長をしておりました間、そういう官邸なり、大臣とかそういうところからの指示がなかったので指示はありませんでしたというふうにお答え申し上げているところです」

また福山幹事長は「交渉記録を破棄した」などの佐川氏の国会答弁について「誰が何を根拠に作ったのか」とただした。これに対しても佐川氏は「決裁文書をどの時点で認識したかに関わる話だ」として証言を拒否した。

福山幹事長は「もう信じられない。あなたは火に油を注いだ」と厳しく批判した。野党側は反発を強めている。

立憲民主党・辻元国対委員長「自らトカゲの尻尾になろうとしてるのかなと。全て理財局で完結をさせて幕引きを図ろうとしているという意図を感じました」

希望の党幹部も「理財局単独犯というシナリオありきの感じだ。ますます実態が分からなくなった」と話している。

また自民党の若手議員も「一番肝のところが分からないんだから問題の解決とは言えない」と語っている。

その一方で自民党幹部は「改ざんはあくまで理財局の話だということがはっきりした。これが全てだ」と佐川氏の証言を評価している。与党幹部も「官邸や昭恵夫人は関わっていないと証人喚問で断言したことは安倍政権にとって大きい」と話している。