日テレNEWS
政治
2018年4月9日 21:51

希望と民進、新党結成へ協議会を立ち上げ

希望と民進、新党結成へ協議会を立ち上げ
(c)NNN

民進党の大塚代表と希望の党の玉木代表が9日に会談し、新党結成に向けた協議会を立ち上げることで一致した。

民進党・大塚代表「民主主義と国民生活と地域主義を守る。そういう政党としてしっかりと立ち上がって、政権を担いうる姿にしていきたい」

希望の党・玉木代表「国民のための、そして安倍政権に代わる政権の受け皿をつくっていく。そんな志を持って、この新党協議に臨みたいと思っています」

党首会談後、さっそく、1回目の新党協議会が行われ、新党の名前や憲法や安全保障など基本的な政策について協議していくことを確認した。

これに先立ち、希望の党は両院議員懇談会を開いた。この中では、「早急に新党協議を進めるべきだ」という意見が多かったものの、細野元環境相ら一部の議員は新党結成に反対した。

希望の党・細野元環境相「今日をもって、希望の党としては、党としての実質的な姿がなくなる。非常に残念です」

また、長島政調会長も反対していて、新党には加わらない見通し。