日テレNEWS
政治
2018年4月25日 15:54

“空転国会”与党が「予算委」開催を決定

“空転国会”与党が「予算委」開催を決定
(c)NNN

麻生財務相の辞任などを求めて、野党側が審議を欠席する中、自民・公明の与党は、26日に外交をテーマに衆参両院で安倍首相出席の予算委員会を開くことを決めた。

与党側は「日米首脳会談の後、外交課題が山積している」として、26日は野党が欠席しても委員会を開く方針。

自民党・菅原予算委筆頭理事「外交課題がこれだけ山積する中でありますから、予算委員会の集中審議でただしていくということ」

一方で与党は、柳瀬元首相秘書官の参考人招致については「与野党一致が原則だ」として見送った。

こうした与党側の出方に対して、野党側は猛反発している。

立憲民主党・枝野代表「今問われているのは税金の使い方、使い道と、財務省などをはじめとするガバナンスの話であって、自分たちがやりたいこと(外交)だけやるのかよと。これは論外ですよね」

野党側は引き続き、麻生財務相の辞任や柳瀬元首相秘書官の証人喚問を求めて、26日の集中審議も欠席する方針。

こうした中、25日朝の衆議院の厚生労働委員会では、与党と日本維新の会だけが出席する中、生活困窮者自立支援法の改正案が可決された。

与野党の対立は激しくなっていて、国会正常化の見通しは立っていない。