日テレNEWS
政治
2018年9月19日 12:11

自民総裁選あすの投開票へ両陣営が支持訴え

自民総裁選あすの投開票へ両陣営が支持訴え
(c)NNN

自民党の総裁選挙は、20日、国会議員による投票が行われ、党員党友票とあわせて開票が行われる。安倍首相と石破元幹事長は、19日も街頭などで支持を訴えている。

党員党友票では、石破氏が当初の予想より善戦しているとの見方が出ていて、安倍陣営には警戒感も広がっている。

石破陣営は19日朝、都内で幹部会を開いている一方、安倍首相は19日朝も地方で演説をしているが、陣営の幹部は「追い上げられている。最悪だ」と語っている。

安倍首相(福島・18日)「万が一、まだ出していないという人は、私の名前『安倍』、簡単ですから書いていただいて」

一方、石破氏は、同じ派閥の斎藤農林水産相が安倍陣営から辞任の圧力を受けたと述べたことなどをめぐり、批判を強めている。

石破元幹事長「石破を応援するんだったら次の選挙は知らないぞとか、いつから自民党ってそんな自民党になっちゃったんですか」

党員党友票をめぐる両陣営の戦いは最後まで激しく続いている。