日テレNEWS
政治
2018年9月27日 8:16

訪米中の安倍首相が会見 2日に内閣改造へ

訪米中の安倍首相が会見 2日に内閣改造へ
(c)NNN

アメリカを訪問中の安倍首相は、日本時間の27日午前7時すぎ、記者会見を行い、国連総会や日米首脳会談、日韓首脳会談、北朝鮮問題などについて話した。また、帰国後の10月2日に党役員人事・内閣改造を行うと述べた。

安倍首相は会見で、「トランプ大統領が就任してからの1年半、日本企業はアメリカ国内に新たに200億ドルの投資を決定しました。これにより、3万7000人の新しい雇用が生み出されます。これは、世界のどの国よりも多い。すべては自由貿易の旗を高く掲げ、両国が経済関係を安定的に発展させ、成熟させてきた帰結であります」「時計の針を決して逆戻りさせてはならない。むしろ、この関係を一層進化させていくことで、互いの貿易・投資をもっと活発にしていくことが必要です。その大きな認識をトランプ大統領と共有し、先ほどの日米首脳会談で、日米間の物品貿易を促進するための協定、TAG交渉を開始することで合意しました」などと話した。

また、「次の3年の任期も引き続き、地球儀を俯瞰(ふかん)しながら、戦略的な平和外交・経済外交を展開していく。今回のニューヨーク訪問は、そのよいスタートとなったと考えています」として、「帰国後、週明けの10月2日に党役員人事、内閣改造を行います」と述べた。