日テレNEWS
政治
2019年3月27日 12:19

来年度予算案 きょう午後 可決・成立へ

来年度予算案 きょう午後 可決・成立へ
(c)NNN

来年度予算案をめぐり、参議院予算委員会では締めくくりの質疑が行われていて、この後、委員会に続いて本会議で採決され、可決・成立する見通し。

これまでの審議で統計不正の問題を中心に追及してきた立憲民主党だが、27日は別の課題をただした。

立憲民主党・杉尾秀哉議員「拉致被害者を一人残らずこの手に取り戻す。安倍総理、何度も何度も、もう何年もおっしゃっています。一体いつ、金正恩委員長と直接向き合う、解決するんですか」

安倍首相「相手があることでありますから、それはそう簡単ではないかもしれない。いまだに多くの被害者の皆さんが、北朝鮮に拉致されたままであるということは、本当に痛恨の極みでありますし、責任を痛感をしているところでございます。この責任を果たしていくために全力を尽くしていく決意でございます」

委員会では、この後、来年度予算案の採決に移り、与党の賛成多数で可決される見通しで午後からの本会議で可決、成立する運び。

政府・与党は、これまで5月の皇位継承をとどこおりなく行うためにも安全運転で国会運営にあたってきた。統計不正の問題や閣僚の発言を追及されたものの全体的には手堅い、「守りの姿勢」で予算案は27日、成立することになる。