日テレNEWS
政治
2019年6月3日 22:58

国民民主・山井国対委員長代行 離党届提出

国民民主党の山井国対委員長代行が、離党届を提出した。党の幹部が国会の開会中に離党届を出すのは異例で、党として受理するかは不透明。

国民民主党・山井国対委員長代行「いずれ、何らかの形で国民民主党と立憲民主党が大きな塊に私は必ずなると思いますし、しなければならないと思います。それを1日でも早くするために、私は私なりに覚悟を持って今回、決断をさせていただきました」

山井氏は無所属となって、野党の結集を目指すと表明し、国会では立憲民主党の会派に入りたいとの考えを示した。

離党届は、平野幹事長に手渡したということだが、幹部が国会の開会中に離党届を出すのは異例で、ある党幹部は「自己中心的で、離党届は受理しない」などと反発を強めている。