日テレNEWS
政治
2021年4月23日 17:33

“宣言”へ 解除は?休業補償は?野党追及

“宣言”へ 解除は?休業補償は?野党追及
(c)NNN

政府は23日夜、東京、大阪、京都、兵庫に緊急事態宣言を発出することを正式に決定します。こうした中、国会では野党が、宣言解除の時期や休業要請の補償などについて、菅首相を問いただしました。

野党が質問したのは、緊急事態宣言の解除の時期について。

立憲民主党・山井和則議員「第1波のときは1か月半かかったんですよ、解除に。第2波今年の1月、2か月半かかってるんです。今回2週間で解除できますか」

菅首相「短期集中して行うということで、このゴールデンウイークにおいて多くの方が休みに入る時期をとらえて、強力な、そして短期集中の人流を止めるための措置を講じさせていただく予定であります」

山井和則議員「なぜ私がそんなことを言うかというと」

立憲民主党の山井議員が指摘したのは、前回の緊急事態宣言を解除する際の菅首相の発言。

――菅首相「再び緊急事態宣言を出すことがないように対策をしっかりやるのが私の責務だと思っています」

山井和則議員は―。

山井和則議員「それから1か月余りでリバウンドして、またこれ緊急事態宣言になってるじゃないですか」

菅首相「前回私自身がこれでもう二度と再びって言ったということで、ここについては大変申し訳ない思いでありますけども」

菅首相は、3度目にいたったことを陳謝しました。

質問は、休業要請する事業者への補償についても。

山井和則議員「百貨店とかの協力金も1日20万円。銀座の三越が休業して1日20万円、これ冗談かと思いました。お願いだから休業してください、自粛してくださいというね、本気度が感じられないんです、これでは」

菅首相「すべてが決まってるような形のご質問でありますけども、いろいろな影響が出る皆さんには、そこはしっかり対応するというのが政府の基本的な考え方です」

菅首相は、しっかり対応すると述べるにとどめました。

野党側は、菅首相の発信の仕方についてもただしました。

共産党・宮本徹議員「私は毎日毎日、ぜひ総理が尾身会長や専門家の皆さんと一緒になって記者会見を開いて、訴えてほしいと思うんですよ」

菅首相「ご指摘ありがとうございます。ただ私自身ここ連日のようにぶら下がりの記者会見は…」

宮本徹議員「ぶら下がりじゃダメなんですよ!」

菅首相「今日も尾身会長と記者会見をやる予定であります」

午後8時から会見を行う予定の菅首相。自粛疲れが叫ばれる中、納得のいく説明がされるのでしょうか。