日テレNEWS
政治
2021年5月13日 17:05

“宣言”まん延防止拡大か?北海道、広島は

“宣言”まん延防止拡大か?北海道、広島は
(c)NNN

北海道札幌市で13日、499人の感染が確認され、過去最多を更新しました。鈴木知事は札幌市と協議の上、緊急事態宣言の措置を札幌市のみに限定するなど柔軟な運用を国に改めて求めていく考えを示しました。

この北海道を含め、政府の対応はどうなりそうでしょうか、

政府は北海道への緊急事態宣言の発出や岡山・広島などへのまん延防止等重点措置の適用を検討していて、13日、最終判断する方針です。

菅総理大臣は13日夕方、西村担当大臣ら関係閣僚と対応を協議した上で最終判断する方針です。北海道については、政府高官が「札幌市の繁華街、すすきのの飲食店にどれだけ時短営業に応じてもらえるかが重要だ」と指摘するなど、政府内には札幌市を中心にまん延防止等重点措置で対応すべきという意見が多いのが現状です。

一方で、別の政府関係者は感染状況について「札幌市中心だったのが広がっている。緊急事態宣言の対象とするかは全体の中で判断しないといけない」と話すなど、調整が続いています。

また、まん延防止等重点措置への追加が検討されている地域についてですが、加藤官房長官は午前の会見で、13県の感染状況について懸念を示した上で、特に岡山・広島については「感染レベルを下げるため、特段の取り組みが求められる」と指摘しました。

政府は14日、専門家に諮った上で国会に報告し対策本部を開いて決定する方針です。