日テレNEWS
政治
2021年6月10日 20:42

国会終盤、駆け引き激化 “不信任案”は…

国会終盤、駆け引き激化 “不信任案”は…
(c)NNN

国会は会期末がせまる中、与野党の駆け引きが激しくなっています。会期の延長を求めている野党は10日、党首会談を開き、与党側が応じなければ対抗措置をとることで一致しました。

       ◇◇◇◇◇

会期末を来週に控え、10日、国会では──

立憲民主党・安住国対委員長「国会をこの状況で閉じるなんて考えられません」

国民民主党・玉木代表「とにかく、いま閉じるべきではない。やることは山積している」

東京オリンピック・パラリンピック期間中もコロナへの対応が必要だとして、3か月間、会期を延長するよう求めている野党4党。

       ◇◇◇◇◇

9日の党首討論でも──

立憲民主党・枝野代表「国会を大幅延長して、その国会の機能を十分に発揮させ、国会を挙げて新型コロナウイルス感染症という国家の危機に立ち向かいましょうよ」

しかし、菅首相は、会期延長の呼びかけには応じませんでした。

菅首相「国会のことは従来どおり国会で決めていただきたいというふうに思います」

また、オリンピック開催による感染への影響についても──

菅首相「国民の命と安全を守るのは私の責務ですから、そうでなければできないということを、私、申し上げてるんじゃないですか」

これまでの主張を繰り返した菅首相。

立憲民主党・枝野代表「オリンピックの安全性といい、補正予算、会期の延長、残念ながら3つのゼロが明らかになった」

       ◇◇◇◇◇

すべてにゼロ回答だったと反発している野党。10日、国会内で党首会談を開いて、今後の対応について協議しました。

立憲民主党・枝野代表「もし延長の要求が受け入れられない場合には、“新たな対抗措置”を考えたいということで一致しました」

野党4党は、会期の延長がなければ、内閣不信任案の提出も辞さない構えを示しましたが、与党側は、野党が求める3か月の延長には応じない方針です。

 「ただのパフォーマンスだよね。自分たちだって7月の都議選でそれどころではないのに」(自民党議員)

菅首相は10日夜、G7サミット(=主要7か国)首脳会議が開かれるイギリスに向かい、G7の場でもオリンピック開催への賛同を得たい考えです。

(6月10日午後5時ごろ放送『news every.』より。)