×

証明書の“偽造工場”摘発相次ぐ 中国人の男2人逮捕 中国から指示を受けたか

2024年5月15日 20:42
証明書の“偽造工場”摘発相次ぐ 中国人の男2人逮捕 中国から指示を受けたか

千葉県船橋市のアパートでマイナンバーカードや在留カードを偽造したとして、中国人の男2人が警視庁に逮捕されました。2人は中国から指示を受けて大量の証明書を偽造していたとみられます。

警視庁によりますと、有印公文書偽造などの疑いで逮捕された中国籍の彭楽楽容疑者(28)と、陸成龍容疑者(41)は今年4月、仲間と共謀し、千葉県船橋市のアパートの一室で、マイナンバーカード6枚と在留カード36枚を偽造した疑いがもたれています。

中国人が証明書を偽造していたとして日本国内の拠点が摘発されるケースが相次いでいて、去年11月には大阪の拠点が摘発されましたが、その後今回の船橋市のアパートが新たな拠点になったとみられるということです。

アパートから押収されたパソコンからはウソの証明書に使うとみられるおよそ2000件の個人情報が見つかったということです。

2人はSNSを通じて中国にいる指示役から指示を受け、偽造を行っていたとみられ警視庁は中国の犯罪グループが関わっているとみて全容解明を進めています。

    • 日テレNEWS NNN
    • 社会
    • 証明書の“偽造工場”摘発相次ぐ 中国人の男2人逮捕 中国から指示を受けたか