日テレNEWS
社会
2022年8月5日 18:10

小・中学生の兄弟、沖へ流され…水中で発見の弟が意識不明 三重・四日市市

小・中学生の兄弟、沖へ流され…水中で発見の弟が意識不明 三重・四日市市

5日昼ごろ、三重県四日市市の鈴鹿川派川の河口付近で泳いで遊んでいた中学生と小学生の兄弟2人が沖へ流されました。兄はまもなく救助され、命に別条はないということです。弟は水中に沈んでいるところを発見され、病院に救急搬送されましたが、意識不明の状態だということです。

警察によりますと、5日午後0時40分頃、三重県四日市市楠町北五味塚の鈴鹿川派川の河口付近で、遊びに来ていた中学1年と小学6年の兄弟2人が泳いでいて、沖のほうへ流されました。一緒に来ていた友達が近くにいた男性に助けを求め、男性が110番通報しました。

およそ10分後に警察官が駆け付け、50メートルほど沖に流されていた中学生の兄を救出しました。意識はあり、命に別条はないということです。

一緒に流された小学生の弟は、午後4時半すぎに水中に沈んでいるところを発見され救急搬送されましたが、意識不明の状態だということです。

警察と消防、海上保安庁では、ヘリコプター2機と船舶4隻を出し80人態勢で捜索を続けていました。