×

逮捕のトラック運転手「体調悪かった」 首都高3人死亡

2024年5月15日 14:21
逮捕のトラック運転手「体調悪かった」 首都高3人死亡

埼玉県戸田市の首都高速で3人が死亡した事故で、逮捕されたトラック運転手の男が「体調が悪かった」という趣旨の話をしていることがわかりました。

警視庁によりますと、14日に首都高速5号池袋線下りの美女木ジャンクション付近で、大型トラック4台と乗用車3台の事故が起き、乗用車に乗っていた3人が死亡しました。道路上のカメラには、衝突したトラックが少なくとも10メートルほど手前から速度を落とすことなく走行し、衝突する様子が映っていたということです。

また、トラックを運転していた降籏紗京容疑者は調べに対し「ぶつかった時、意識はありませんでした」と話していましたが、捜査関係者への取材で「体調が悪かった」という趣旨の話をしていることが新たに分かりました。

降籏容疑者は運送会社に勤めていて、事故前日は午後1時に仕事を終え、当日の14日は午前3時から仕事を開始していたということで、警視庁は勤務状況などを含め、危険運転致死の容疑も視野に捜査を進める方針です。

また、降籏容疑者は去年と2020年に神奈川県内で2回人身事故を起こしていて、いずれも過失運転致傷の疑いで書類送検されています。