日テレNEWS
社会
2022年1月15日 17:18

共通テスト始まる 雪影響で時間繰り下げも

共通テスト始まる 雪影響で時間繰り下げも
(c)NNN

新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、全国677の会場では、「大学入学共通テスト」の1日目の試験が続いています。

試験会場の1つで、事件のあった東京大学本郷キャンパスでも、通常通り試験が行われています。

15日午前8時の開門とともに、保護者らから激励を受けた受験生が会場に向かう姿がみられました。

受験生「やっぱり緊張しますね。いつも通りやっていけたらいいと思います」「今までずっとコロナにかからないように努力して感染対策をしてきたので、とりあえず今日はオミクロン株に感染せず受験できることがうれしいです。成果を解答用紙に発揮できるようにがんばります」

志願者数は去年より4878人少ない53万367人で、午前は地理歴史、公民の試験が行われ、午後は国語、外国語の筆記、英語のリスニング試験が行われています。

大学入試センターによりますと、雪や強風の影響により、北海道の2会場と山形大学、福島大学のあわせて4会場で、最大120分、試験時間を繰り下げたほか、広島の2会場でも人身事故の影響で繰り下げが行われました。