日テレNEWS
社会
2010年2月2日 20:09

高速道路無料化、37路線を発表~国交省

高速道路無料化、37路線を発表~国交省
(c)NNN

 国交省は2日、鳩山政権の目玉政策の一つである高速道路の料金無料化を実施する路線を発表した。実施期間は6月から来年3月末までを予定している。

 無料化されるのは、全国の高速道路や一般有料道路、計37路線の50区間。無料化の狙いは地域と経済の活性化だが、来年度予算は約1000億円と規模が小さく、無料化の対象は元々交通量が少ない路線に限られた。

 関東地方では、神奈川県の西湘バイパスや箱根新道などが対象となったほか、北海道や東北地方、九州地方の高速道路が多く選ばれた。全国の主要な都市圏や県庁所在地を結ぶ路線は対象とならず、首都高速道路や阪神高速道路なども含まれなかった。

 トラックやノンストップ自動料金収受システム(ETC)を搭載していない車も無料で通行できる。