日テレNEWS
社会
2010年3月10日 1:27

整備新幹線 JRからヒアリング

 国交省で9日、整備新幹線問題調整会議が開かれ、「JR東日本」と「JR貨物」からヒアリングが行われた。

 会議ではこれまで、整備新幹線の沿線自治体からヒアリングを重ねてきたが、経営分離される並行在来線への自治体の負担が重すぎるとの声が上がっていた。

 ヒアリングでJR東日本は、「整備新幹線についてはこちらも大きな負担をしている」とした上で、着工時の枠組みは変えないでほしいと要望した。また、JR貨物は、北海道新幹線の函館延伸に伴う青函トンネルの運用について、現状では新幹線とすれ違いができる技術はなく、新幹線の速度を在来線並みに落として運行することが現実的であるとの認識を示した。