日テレNEWS
社会
2010年3月26日 22:02

B型肝炎訴訟 福岡地裁で2例目の和解勧告

B型肝炎訴訟 福岡地裁で2例目の和解勧告
(c)NNN

 B型肝炎の患者らが国に損害賠償を求めていた裁判で、福岡地裁は26日、全国で2例目となる和解勧告を行った。

 この裁判は、予防接種の注射器の使い回しなどでB型肝炎に感染させられたとして、患者らが国に損害賠償を求めているもの。福岡地裁は26日、非公開の協議で国と原告に和解を勧告した。

 B型肝炎をめぐっては、全国10の裁判所でこれまでに400人以上が国を訴えていて、今月、札幌地裁が初の和解勧告を出している。