日テレNEWS
社会
2010年4月11日 1:25

御柱祭「木落し」2日目、見物客から大歓声

御柱祭「木落し」2日目、見物客から大歓声
(c)NNN

 数えで7年に一度開かれる長野・諏訪大社の「御柱祭」で、下社の山出し2日目の10日、「木落し」には大勢の見物客から歓声が上がった。

 青空が広がった長野・下諏訪町の木落し坂には、午前から大勢の見物客が詰めかけた。最初の柱は岡谷地区の秋宮四、午後1時半過ぎに乗り手を乗せた重さ約7トンの巨木が最大斜度35度の急斜面をすべり落ちた。

 11日の山出し最終日は、最も太い秋宮一など3本の柱が木落しされる。