日テレNEWS
社会
2010年4月23日 1:09

通行台数、前年度比10万台増~東日本高速

 東北自動車道や関越自動車道などの高速道路を管理する「東日本高速道路(NEXCO東日本)」は22日、休日特別割引の導入などで、昨年度の一日あたりの通行台数が前年度より約10万台伸びたと発表した。

 NEXCO東日本によると、去年4月から今年3月までの一日あたりの平均台数は、約250万台となった。去年から導入されているノンストップ自動料金収受システム(ETC)利用者に限定した休日上限1000円割引きの影響で、前年度より一日あたり約10万台増えたという。

 また、利用台数と利用距離を掛け合わせた「走行台キロ」は、小型車で年間208億2000万台キロとなり、前年度より17.9%伸びた。特に、休日は前年度より38.2%増と大幅な伸びを示した。割引制度で長距離を走った車が多かったことが要因。

 一方、トラックなどの大型車は景気が低迷した影響を受けたことから、通行台数、走行台キロともに前年度を下回った。