日テレNEWS
社会
2010年4月30日 9:53

09年度有効求人倍率0.45倍 過去最悪

09年度有効求人倍率0.45倍 過去最悪
(c)NNN

 ハローワークで仕事を求めた人一人あたりに何件の求人があったかを示す有効求人倍率の09年度の平均が、過去最悪だったことがわかった。

 厚労省によると、有効求人倍率の09年度の平均は、前年度より0.32ポイント低い0.45倍だった。これは63年に調査を始めてから最も悪い数字。

 3月の有効求人倍率は、前月より0.02ポイント改善し、0.49倍だった。3か月続けての上昇だが、厚労省は「持ち直しの動きが見られるが、依然として厳しい状況にある」と分析している。