日テレNEWS
社会
2010年5月5日 12:47

100年続く伝統、長崎でペーロン大会

100年続く伝統、長崎でペーロン大会
(c)NNN

 長崎市の三重地区で5日、約100年前から続く伝統の「子どもの日ペーロン大会」が開かれた。

 今年は地元の小・中学生約450人が8つのチームに分かれ、港の中を往復する800メートルのコースでスピードを競う。船にはレースの安全と子供たちの健やかな成長を願い、こいのぼりとショウブの葉が飾られている。

 4日まで練習を重ねてきたという子供たちは、潮風を受けながらかいを力いっぱいこいでいた。