日テレNEWS
社会
2010年5月10日 15:58

北海道大学で地震被害防止のための国際会議

北海道大学で地震被害防止のための国際会議
(c)NNN

 札幌市の北海道大学で10日、地震などの被害を防ごうと、世界の研究者が集まって国際会議が開かれている。

 この国際会議は、地震や火山噴火などによる被害の防止や軽減を目指して北海道大学などが開いた。会場には、日本をはじめロシアやアメリカの研究者が集まり、地震や火山噴火の発生メカニズムの解明や予測の技術に関する研究成果を発表した。

 この会議は13日まで開かれ、観測や警報の体制についての情報交換のほか、観測データの相互利用や国際協力の体制など防災のための課題についても話し合われる予定。