日テレNEWS
社会
2010年6月1日 14:20

あちち~…無病息災願い、「ひとつやいと」

あちち~…無病息災願い、「ひとつやいと」
(c)NNN

 富山・高岡市で1日、参拝者の足のつぼに灸(きゅう)を据えて無病息災を願う「ひとつやいと」が行われた。

 瑞龍寺の「ひとつやいと」は、修行僧が疲れを癒やすために足に灸を据えたのが始まりとされ、一年の無病息災を願う行事として毎年行われている。1日は、朝早くから次々に訪れた人が両ひざ下のつぼに灸を据えてもらい、熱さに顔をしかめながらも手を合わせていた。