日テレNEWS
社会
2010年6月29日 16:34

ジュンサイ摘み取り最盛期 北海道・遠軽町

ジュンサイ摘み取り最盛期 北海道・遠軽町
(c)NNN

 北海道・遠軽町にある人工池では、夏の風物詩、ジュンサイの摘み取り作業が最盛期を迎えている。

 人工池でのジュンサイの栽培は遠軽町内にある建設会社が経営多角化の一環から約20年前に始めた。女性従業員が小舟に乗って身を乗り出しながらジュンサイの若芽を一つ一つ摘み取る。ジュンサイは、スイレン科の水草で、若い芽は独特のぬめりがあり、酢の物やみそ汁の具として人気がある。

 ジュンサイの摘み取り作業は8月下旬まで行われ、3~4トンの収穫が見込まれていて、遠軽町内の土産店や札幌市のデパートなどに出荷される。