日テレNEWS
社会
2010年7月17日 0:14

広島・庄原市で大雨、2世帯3人が行方不明

広島・庄原市で大雨、2世帯3人が行方不明
(c)NNN

 広島県では、16日夕方から局地的に非常に激しい雨が降り、庄原市では、土石流が発生したほか、川がはんらんするなどの被害が相次ぎ、住宅が流されるなどして2世帯3人が行方不明になっている。また、道路が寸断されるなどして189人が孤立し、避難できない状態だという。

 庄原市では、16日午後5時40分までの1時間の雨量が64ミリに達するなど、夕方から局地的に非常に激しい雨が降った。このため、土石流が発生したほか、川がはんらんするなどの被害が相次ぎ、消防などによると、住宅が流されるなどして2世帯3人が行方不明になっている。また、住宅の全壊は3棟、半壊は2棟に上り、2人のケガ人が確認されている。さらに、道路が寸断されるなどして189人が孤立し、避難できない状態だという。また、避難勧告が出ているのは121世帯317人に上っている。

 県は自衛隊に災害派遣を要請した。市や警察は行方不明者の捜索を進めるとともに、被害の状況の確認を急いでいる。