日テレNEWS
社会
2010年8月11日 1:15

所在不明の100歳以上 神戸市で105人

所在不明の100歳以上 神戸市で105人
(c)NNN

 全国的に100歳以上の高齢者の所在が不明になっている問題で、神戸市は10日、105人の所在が確認できていないことを明らかにした。中には、生存していれば国内最高齢となる125歳の女性も含まれている。

 神戸市によると、敬老祝い金を手渡すため市の職員らが過去、住所地を訪問したところ、所在を確認できない100歳以上の高齢者が105人に上るほか、2年以内に介護や医療保険の使用実績がない人も22人いることがわかった。最高齢は東灘区の125歳の女性で、生存していれば国内最高齢だが、住所地は29年前から公園になっている。

 この127人は神戸市の100歳以上の高齢者全体の7分の1にあたり、市は早速、訪問調査に乗り出した。市は来週早々までに調査を終え、結果を公表したいとしている。