日テレNEWS
社会
2010年8月17日 8:13

神戸市、不明高齢者80人の「抹消」を発表

神戸市、不明高齢者80人の「抹消」を発表
(c)NNN

 神戸市で高齢者の所在が相次いで不明になっている問題で、市は16日、死亡を確認した人など計80人を住民基本台帳から抹消すると発表した。

 神戸市では、所在が確認できないなどの100歳以上の高齢者127人について、今月10日から追跡調査をしていた。その結果、11人の生存と17人の死亡が確認されたが、99人については所在が確認できなかった。市は死亡者17人のほか、住民基本台帳の登録地に住んでいないことが確認された人など計80人を台帳から抹消することにした。

 市は残りの所在不明者も引き続き調査するが、所在が確認できない場合は同様に台帳から抹消する方針。