日テレNEWS
社会
2010年9月7日 13:52

多剤耐性菌の感染 医療機関に報告を求める

多剤耐性菌の感染 医療機関に報告を求める
(c)NNN

 抗生物質がほとんど効かない細菌が見つかった問題を受け、長妻厚労相は7日、院内感染を把握した医療機関に報告を求めると発表した。

 抗生物質が効かない細菌は、帝京大学医学部付属病院で「アシネトバクター」の感染が広がっていたほか、独協医科大学病院で「NDM-1」という遺伝子を持つ新型の大腸菌の感染も報告された。感染症法では、この2つの菌について医療機関に報告義務がなく、帝京大学病院が報告したのは、感染を把握してから4か月後だった。

 長妻厚労相は、今後、この2つの細菌の院内感染があった場合、医療機関に報告を求めると発表した。そのほかの抗生物質が効かない細菌も報告の対象とするかは、今後、検討する予定。