日テレNEWS
社会
2010年10月29日 5:52

玩具のビーズが子供の耳に…麻酔で除去も

 ビーズを使ったおもちゃで遊んでいた子供が誤ってビーズを耳の中に入れてしまい、取れなくなる場合があるとして、消費者庁は注意を呼びかけた。

 消費者庁によると、おもちゃメーカー「エポック社」の「アクアビーズアート」シリーズのおもちゃで、ビーズが子供の耳の中に入って取れなくなったという報告が、04年以降、メーカーに7件寄せられた。このうち4件は、医療機関で全身麻酔をしてビーズを取り出したという。

 「アクアビーズアート」シリーズは、ビーズを型に合わせて並べ、水をかけるとビーズがくっつき、色々なデザインを作ることができるもので、約500万個が販売されている。有害物質は入っていないが、ぬれたビーズが乾くと皮膚などにくっついてしまう恐れがある。

 消費者庁は、子供が耳に入れないよう注意を呼びかけている。