日テレNEWS
社会
2010年12月4日 8:20

低気圧発達、北日本などで大荒れの天気続く

低気圧発達、北日本などで大荒れの天気続く
(c)NNN

 3日は、いわゆる爆弾低気圧の影響で全国的に師走の嵐となったが、4日は、オホーツク海で低気圧がさらに発達するため、北日本や北陸では大荒れの天気が続きそうだ。

 4日午前5時現在、北日本では15メートルを超える風が吹いている。午前2時17分には、北海道・えりも岬で35.3メートルの最大瞬間風速を観測した。

 予想される最大風速は、北陸と北日本の陸上で20~23メートル、海上は23~25メートル。波の高さは、北海道や東北、北陸で7メートルとなっていて、大シケとなりそうだ。引き続き、暴風と高波に厳重な警戒が必要となっている。