日テレNEWS
社会
2010年12月23日 12:01

観測史上1位、季節外れの豪雨 岩手・宮古

観測史上1位、季節外れの豪雨 岩手・宮古
(c)NNN

 発達中の低気圧の影響で、東北地方は23日朝にかけて季節外れの大雨に見舞われた。

 岩手・宮古では23日午前0時10分までの1時間に71ミリという観測史上1位の非常に激しい雨が降り、道路が冠水するなどの被害が発生した。23日午前8時までの24時間雨量は220ミリに達している。

 東北地方の大雨はすでに峠を越えているが、北日本は24日にかけても非常に強い風が吹き、海上は大しけとなる見込み。また、北海道は大雪や高潮の恐れもあるので警戒が必要となっている。