日テレNEWS
社会
2010年12月31日 21:35

女優・高峰秀子さん死去 数々の名作に主演

 戦前・戦後を代表する女優・高峰秀子さんが28日、肺ガンのため東京都内の病院で亡くなった。86歳だった。

 高峰さんは29年に映画「母」で子役デビューし、その後、「二十四の瞳」「浮雲」など数々の名作映画に主演、戦前・戦後を代表する女優となった。79年に女優業を引退した後も、エッセイストとして活躍していた。