日テレNEWS
社会
2011年1月2日 8:17

大雪で車立ち往生、夜通し作業で渋滞解消へ

大雪で車立ち往生、夜通し作業で渋滞解消へ
(c)NNN

 大雪となった山陰地方で約600台の車が国道で立ち往生していたが、少しずつ解消に向かっている。

 鳥取・大山町から鳥取・琴浦町にかけての国道9号では、先月31日午後から車が立ち往生し、一夜明けても約600台が動けずにいた。自衛隊に災害派遣要請が出され、県などは立ち往生した車への物資の補給や除雪作業を進めてきた。また、国交省などが渋滞解消を目指して夜通しで作業を続け、徐々に解消しているという。

 一方、JR伯備線は、停車していた電車が順次運転を再開している。

 鳥取県内では、送電用の鉄塔が倒れるなどして2日午前7時現在、約2800戸で停電している。