日テレNEWS
社会
2011年1月30日 15:51

嘉手納騒音訴訟、住民の上告棄却~最高裁

 沖縄・アメリカ軍嘉手納基地の周辺の住民らが騒音などを理由に飛行の差し止めなどを求めた裁判で、最高裁は27日付で住民らの上告を退ける決定をした。

 この裁判は、沖縄・嘉手納町などの住民らがアメリカ軍嘉手納基地の騒音被害を訴えて、夜間や早朝の飛行の差し止めと損害賠償を求めたもの。一審では約28億円を、二審では約56億円の支払いを国に命じる判決を言い渡していた。しかし、一部の住民は、飛行の差し止めなどを認めなかった判決を不服として、最高裁に上告していた。

 最高裁は「単なる法令違反の主張であって、上告理由にはあたらない」として、27日付で上告を退ける決定をした。