日テレNEWS
社会
2011年2月5日 13:49

新燃岳で噴火続く、土石流の発生はなし

新燃岳で噴火続く、土石流の発生はなし
(c)NNN

 活発な活動が続いている宮崎、鹿児島県境にある霧島山の新燃岳で、5日も噴煙の高さが約2000メートルになる噴火があった。4日夜には雨が少し降ったが、心配されていた土石流の発生はなかった。

 新燃岳は5日午前、連続して噴火が発生するなど断続的に噴煙を上げている。3日朝以降、爆発はないが、5日午前10時53分頃には、噴煙の高さが約2000メートルになる噴火があった。

 新燃岳周辺では4日夜、雨が少し降ったが、心配されていた土石流の発生はなかったという。新燃岳の噴火警戒レベルは、入山規制の「3」が継続している。