日テレNEWS
社会
2011年2月6日 13:46

大相撲春場所の中止を決定 不祥事で初めて

大相撲春場所の中止を決定 不祥事で初めて
(c)NNN

 大相撲の八百長問題を受けて、日本相撲協会は6日午前に行われた臨時理事会で、来月の春場所の開催中止を決めた。八百長問題の調査が終わっていないことなどが理由とみられている。

 大相撲の本場所が中止されるのは、46年の夏場所が、戦争で被害を受けた両国国技館の修理が間に合わずに中止になって以来65年ぶり。去年の野球賭博事件では、NHKが名古屋場所の中継を取りやめたが、場所そのものは開催されており、不祥事を理由にした中止は史上初めて。