日テレNEWS
社会
2011年2月27日 9:40

新燃岳の周辺農家 野菜洗い100円で販売

新燃岳の周辺農家 野菜洗い100円で販売
(c)NNN

 火山活動が続く宮崎、鹿児島県境にある霧島山の新燃岳の周辺では、火山灰によって農作物に大きな被害が出ている。こうした中、26日、灰を落とせば安全に食べられるとして、水洗いした野菜を格安で販売する取り組みが行われた。

 依然、活動を続ける新燃岳の周辺の宮崎・小林市や宮崎・綾町で26日、火山灰の被害を受けたダイコンやレタスなどの野菜380キロが、生産者によって洗われ、全て通常の3割から5割安い100円で販売された。

 宮崎県は、噴火の降灰による農業被害が4億6000万円に上ると発表している。風評被害などもあることから、販売を企画した商店街の担当者は「少しでも力になれれば」と話している。