日テレNEWS
社会
2011年3月21日 13:44

岩手・大船渡中学校で「卒業証書手渡し会」

岩手・大船渡中学校で「卒業証書手渡し会」
(c)NNN

 東日本大地震で大きな被害を受けた岩手・大船渡市の大船渡中学校で21日、卒業式に代わる「卒業証書の手渡し会」が開かれた。

 大船渡中学校では、地震以来、初めて生徒が登校し、卒業式に代わる式が開かれた。大船渡市は地震と津波で死者・行方不明者の数が400人以上に上るなど大きな被害を受けたが、在校生と教職員は全員無事が確認されているということで、106人の卒業生一人一人に卒業証書が手渡された。

 伊藤聡校長は「この災害、そこで生き抜いてきたことを思い出していただきたい」と述べた。

 卒業生たちはこの後、体育館で避難生活を余儀なくされている人たちを元気づけるため、合唱を披露する予定だという。